ランキング

↑ 気になる方はタップタップ ↑

プルーンの食べ過ぎに要注意!大好きなら、必ず医師に相談を。


妊娠中、貧血対策とお通じ対策にプルーンを取り入れたいなら、
その前に一度医師に相談し、一日に食べていい量などアドバイスをもらうこと!



プルーンは食べ過ぎると逆効果で、おなかがゆるくなる…ってだけじゃなく、
妊娠初期に下痢をしてしまうことで流産リスクが高まってしまうからです。

 


「プルーンは1日○個まで」という適量は、個人差が大きいです。
また、ドライプルーンは糖分が多いため食べ過ぎると

  • 糖尿病
  • 体重増加
  • 虫歯

 


などの原因になってしまううことも、数多く報告されています。
パッケージに記載されている、1日の摂取量目安を超えて食べ過ぎないことが大事です。


プルーンは妊娠中の栄養補給に最適な食べ物です


天然の糖は腸の働きをサポートし活発化させて自然なお通じを促すから、
おなかが痛くならず楽に出せるのがいいところ。



自分にとっての適量を知るために最初のうちは少ない量からスタートして、
おなかを下さない適量(個数)を見つけるといいですよ。

 

ちなみに、わたしは1日2~3個がちょうどいい目安になっていました。

 

覚えておいて損はない!ビタミンAの過剰摂取は、妊婦さんの不安要素

 


妊娠してからプルーンを食べ続けることへの不安の1つに、
プルーンにも含まれる「ビタミンA」が赤ちゃんに与える影響です。



妊娠中に、ビタミンAの過剰摂取を心配する情報は結構多いんです。

 

その理由として

  • 水頭症
  • 口蓋裂


などのリスクが高まると言われています。これは、ビタミン剤を決められた量以上に毎日摂り続けた場合の話なので、プルーンを食べ過ぎた程度では赤ちゃんに影響を与えないから大丈夫です。


ビタミンAの摂り過ぎで、赤ちゃんに影響を与えてしまうのは脂溶性ビタミンといわれています。



水溶性ビタミンと違って取り過ぎた分が尿として排出されず、そのまま体に蓄積されてしまう性質があるからです。



ビタミン剤は、手軽に飲める分1日の摂取量をオーバーする可能性が高く、
毎日飲み続けることで過剰摂取による赤ちゃんへの悪影響が心配されますが、
プルーンに含まれるビタミンAで過剰摂取になる心配はありませんので、安心してください。



プルーンを食べ過ぎたことによる心配としては、糖分の摂り過ぎです。
体重増加や虫歯の原因になりやすいので特に妊娠中は注意が必要です。