ランキング

↑ 気になる方はタップタップ ↑

妊娠中、便秘になりやすい理由

 

便秘にならない妊婦はそういないでしょう。

そんな妊婦の便秘の原因には、

 

妊娠初期の便秘の原因
・妊娠したことによる黄体ホルモンの影響で腸の動きが鈍る

・つわりの影響で食事量の減少
・排便リズムが狂う
・嘔吐による体内の水分が減少

 

妊娠中期以降
・大きくなった子宮が腸を圧迫

・圧迫された腸の動きが鈍る

 

鉄分を補給するための鉄剤
妊娠中は鉄分が不足しやすくなることで貧血になります。

それを予防するために鉄剤を服用していると副作用により便秘になります。

 

いきむのが怖い
お腹が大きくなるに連れ排便時にいきむのが怖くなる人が多いです。

お腹に力を入れていきんだ時に赤ちゃんが出てきそう。というのが主な理由です。
他にも便秘を繰り返しているうちに痔になり痛み等により排便が苦痛になることで、
排便を我慢してしまうと便秘になります。

妊娠中の便秘と下痢

 

妊娠する前から便秘気味な女性は少なくありません。

それと同様に妊娠してから便秘になったり、分娩後も便秘になる人も少なくないのです。

 

かといって妊娠中の便秘解消に市販の便秘薬を独断で用いるのは危険です。

何故なら妊娠中に便秘薬を飲んでもし下痢になれば
子宮が収縮することで早産や流産の原因になるからです。

 

そのため妊娠前から便秘とは縁がなかった人もそうでない人も、

妊娠中の便秘について予防法や解消法を知っておく必要があるというわけです。
妊娠中の便秘を知ることで妊娠中の便秘対策へと役立てていきましょう。